スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マッターホルン攻略、妻に「われ北壁成功せり」 組んだ仲間、翌週墜死
1956年、槙有恒隊のヒマラヤ山系マナスル初登頂の成功に触発され、にわかに登山者が増加した。


何故山に登るのかの問いに登山家ジョージ・マロリーは「山がそこにあるから」と言ったが、吉野さんの答えは明快だ。


「そこに希望があるからだ。だから僕は、涙して歩く」と。


「五文足のアルピニスト」と言われる、新田次郎の小説「栄光の岸壁」のモデルとなった芳野満彦氏のコラム第4弾です。


日経新聞3月15日の夕刊、ひとスクランブル、「人間発見」のコラムです。

1950年から徳沢園冬季山小屋番を始めてから、吉野氏はその徳沢園を足場に穂高蓮峰で徹底的に岩にくらいついた。


積雪期の岸壁が嬉しくてしょうがない。
岩登りは3点確保が基本、片足は使わない場合が多い。

腕は人の数倍も鍛えていたので、小さな足でもさほど苦労はない。

彼はこの時期、北アルプスの岸壁を積雪期を含め、次々に初登攀しています。


1957年3月、前穂高四峰正面岩壁、積雪期初登攀。

パーティー、前園陽太郎、久野泰山、加藤幸彦、高田光政、芳野満彦。


1957年8月、北穂高滝谷グレポン、初登攀。
パーティー、中村保、中村正、芳野満彦。


井上靖の「氷壁」でのステージにもなった、あの有名な滝谷です。


1958年1月、北岳バットレス中央稜、積雪期初登攀。
パーティー、奥山章、甘利仁郎、吉野弘、小板橋徹、芳野満彦。


1958年3月、剣岳チンネ正面岩壁、積雪期初登攀。
パーティー、吉野弘、田中浩司、芳野満彦。


1958年12月、前穂高北尾根屏風岩中央カンテ、積雪期初登攀。
パーティ、吉野弘、小板橋徹、吉野満彦。


パーティーのメンバーをみると、この時代のそうそうたるトップメンバーです。
特に吉野弘氏とは3回組んでますが、「垂直に挑む男」の著書で有名な吉野弘氏です。


日経新聞3月15日の夕刊、ひとスクランブル、「人間発見」のコラムの紹介す。


芳野4-1



芳野4-2



芳野4-3



芳野4-4



芳野4-5



1962年に結婚し(苗字が服部と変わります)、妻に「山に行く事だけは許して欲しい」と釘を刺した。

国内の岸壁を登り尽くすと翌年、身重の妻を残しヨーロッパアルプスのアイガー北壁へ日本人で初めて挑戦する事になった。

アイガーというのは、スイスのベルナー・オーバーランドにある標高3974mの山。

アルプスの中では、それほど高い山ではないが、その北面の岸壁は、標高差実に1800m、頂上から山麓まで文字通りナタで抉り取ったような凹上の垂直となっていて、夏でも雪と氷で武装した第岸壁である。



更にこの岩壁の大きさと険しさは、アルプスの中でも有数のもので、同じくスイスのブァリスにあるマッターホルンの北壁、フランス・アルプスのグランド・ジョラスの腹壁と並んで「アルプスの三大北壁」といわれています。



最初の年、1963年大蔵大八氏とパートナーを組1000m附近まで達したが悪天候の為撤退、
翌年も悪天候で撤退、三度目となる65年は、渡辺恒明氏と組み最初はアイガーを目指したが、
目標を急遽マッターホルンに変更した。



アイガーは登頂を目指す日本人がひしめき、彼らと先人を争って登るのが嫌いだったからだ。

芳野満彦氏の著書「われ北壁に成功せり」に詳しく書かれています。

我北壁に成功1



日本人のだれも成しえなかったアルプス三大北壁の一つの山頂に、2日間のビバークを経て達したのです。


二人とも後から後から流れ出る涙を止めることが出来なかった
8月6日の午前10時45分、55時間25分の苦闘だった。


妻に電報を打った。


当時流行の007映画「ロシアから愛をこめて」をもじって、
「ツェルマットより愛をこめて、我北壁に成功せり」

かっこいいですね、奥さんと2歳になる娘さん、美穂さんあてに感謝の気持ちを込めて。


パートナーの渡辺恒明氏は、この困難なマッターホルンの1200mの氷の壁をほとんど一人でトップを引き受けて、芳野氏の痛めた足をカバーしてくれたそうです。


芳野氏は昔の凍傷で切断した足先から、血が噴出してきていて、歩いて降りてくるのも大変だったのです。


それでも最後頂上まで20、30mのところで、「芳野さん疲れたから代わってください」と言って
自分を立ててくれたのが、とても嬉しかったそうです。


その一週間後の悲報だった。

このあと、芳野氏は足の負傷が酷いのでアイガー行きを断念、渡辺恒明氏はあらたに高田光政氏とパートナーを組んでアイガー北壁に挑戦しました。



快調に登っていた二人でしたが、頂上も間近で渡辺氏が滑落、高田氏も負傷したが、高田氏一人徹夜で救助を求めに降りたが、残念ながら間に合わず渡辺氏は墜落して亡くなりました。


偉大なアルピニストに、合掌!!!ご冥福をお祈りします。

マッターホルン登りながらで渡辺氏が撮った芳野満彦氏の写真です。

我北壁に成功2


芳野満彦氏がsけっ治したマッターホルンと頂上の十字架です。

マッターホルン1


マッターホルン頂上



今回はココまでですが、次回、芳野満彦氏シリーズ最終回となります。

内容濃くやりますので、お楽しみに。

久し振りに山の本を読み返しています。



芳野満彦氏 山岳画展 ギャラリーです。

非常に綺麗なパステル画です。

是非ご覧下さい。


http://www.gallery-eizo.gr.jp/artists/yoshino/index.html


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif


スポンサーサイト
【2007/05/23】  この記事のURL | 山岳画家芳野満彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<岳友への鎮魂から絵に没頭、山には青春のにおいがある | メイン | 厳冬期徳沢園山小屋番に、母に見せたかったモルゲンロート>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/99-4bd8d0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。