スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小さな足、血を流し歩行訓練 1年後には谷川岳へ
前回、センセーショナルの見出しでご紹介した、新田次郎の小説「栄光の岸壁」のモデルとなった芳野満彦氏のコラム第2弾です。

日経新聞3月12日の夕刊ひとスクランブル、「人間発見」のコラムです。


17歳の芳野満彦氏の少年が、八ヶ岳から九死に一生を得て生還したが、両足のつま先を切断、つま先よりかかとの骨のほうが出っ張って見える12センチの足になってしまった。


吉野氏のかの有名な通称「12文足のアルピニスト」と言われる所以です。

早速自宅の古い本をあたって見たら、見つけました。


栄光の岸壁



昔の本はブックカバーに入っていたんだと、改めて思いました。
そういえば現在ブックカバーを使用している本、中々見当たりませんです。

肝心の芳野満彦著の「山靴の音」はどこへ行ったか見つけられません。
この本は何度も読み直して、いわば自分の山のバイブルみたいなものでした。

残念です。

でもこんな本も有りました。

氷壁



風雪のビバーク



「風雪のビバーク」は、松濤明氏の遺稿集です。

芳野光彦氏が八ッ岳で遭難したすぐ後、槍ケ岳の北鎌尾根を縦走中に二人で遭難死します。
その時松濤明氏が死の直前まで手帳に「足が凍え腰まで凍ってきた」と「風雪のビバーク」という遺稿集を残しました。

上記三冊は、神田神保町の古本屋街で見つけたものです。
当時自分は20代の前半位で、いつも懐寂しく、ピーピーしてました。

芳野光彦氏はつま先切断後、今から考えると信じられない位の超特訓を重ね、半年後にはやっとフラフラしながら外に出る事が出来たそうです。

1年後の5月、弟と谷川岳に行き、思い通りに行かなかったので帰って徹底的に歩行訓練をしました。
その夏には兄貴と白馬岳に行き、頂上まで登れたそうです。

まさに超人ですね、今時この様な事をしたら、超人ではなく多分狂人と呼ばれんじゃないでしょうか?

何はともあれ、芳野満彦氏の「山で育てた不屈の闘志、第2弾」をゆっくりご覧下さい。

新聞記事が横に長く、デジカメで要領よく取れなくて何枚にもなりました。
多少醜いですが、クリックして拡大してご覧下さい。


芳野満彦4


芳野満彦5


芳野満彦6


芳野満彦7


芳野満彦8



父は早大商学部教授でワンダーフォーゲルの部長、男5人兄弟の2番目で、末弟は東京五輪でボートのコックス、他はみな山男という山一家だったそうです。

これからは凄まじい限りの吉野氏の山歩きが始まります。

我ら青春の1ページを飾った、「五文足のアルピニスト」芳野満彦氏の山歩きを堪能してください。

次回も気合を入れて書きますので、お楽しみに。

乞う、ご期待!!!


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif


芳野満彦4

スポンサーサイト
【2007/04/27】  この記事のURL | 山岳画家芳野満彦 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<三浦半島そぞろ歩き、津久井浜より武山ハイキング、三浦富士巡り。 | メイン | 八ヶ岳で遭難、足先失う わらじを食べてしのぐ>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/95-15f134f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

こんばんは。たくやんです。
相互リンクありがとうございます。
私は埼玉県ですが、横浜の人って本当に地元が好きなんですよね。
相互リンクしましたので宜しくお願いします。
【2007/04/28 02:30】| URL | たくやん #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。