スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハマのおじさん、工藤公康。「極度の緊張、マウンドで震える」
工藤公康、野球を知っている方で名前を知らない方はいないでしょう。

今年で43歳、球界最年長ながら気持ちも新たに、横浜で、”ハマのおじさん”として一からスタートする中高年の鏡です。

今回も引き続き、日経新聞3月21日夕刊、こころの玉手箱第3弾、「極度の緊張、マウンドで震える」、をご紹介します。


今シーズンから横浜ベイスターズ、ハマのおじさんとして移籍した事により巨人から勝利が可能になり、巨人から勝利投手になると史上初の、合併前の近鉄を含め13球団全ての球団から勝ち投手になる事になります。

さすが優勝請負人、期待してますよ。


あの200勝投手工藤公康ことハマのおじさんが、これまでの野球人生の中で、緊張の余りマウンドで震えたことが2回あるそうです。

最初は西武時代の1986年日本シリーズタイ広島第八戦。

3敗1分けの後、3連勝して両者日本一に王手をかけた最終戦、リードして迎えた8回のマウンドの上がった瞬間、
足が震えた。喉も渇きつばも飲み込めない、、、、、、


2回目は、記念すべき200勝目前の2004年8月17日ヤクルトスワローズ戦。

前の時と同じ8回、得点は4対2トリード、ここでひっくり返されたら今年はもう200勝は無理だろう、そう思うと凄い緊張感が襲ってきたのだ、、、、、、、、、

この続きは画面で見てくださいね。

新聞記事はスキャナーでは容量がでかいので、デジカメでアップして作っています。


工藤公康no9



工藤公康no10



工藤公康no11



工藤公康no12




このヤクルトスワローズ戦で2失点完投勝利、通産200勝を達成し、41歳3ヶ月での200勝は現在も史上最年長記録となリました。

そして何とこの試合では、自ら決勝ホームランを打っています。

41歳、23年目でのプロ入り初ホームランは、それぞれ史上最も遅い記録でもあります。

本人は、「パ・リーグで打席に立つ事がなかったのだから、(セ・リーグに移籍して〉5年目の初ホームラン」と語っています。


直球勝負・工藤公康ひとり言ブログ 結構面白いですよ。

http://www.tokyoheadline.com/blog/kudo/

見てやって下さいね。

次回は、彼のダイエー時代の同僚でもあり、公私共に進行の深かった、故藤井将雄投手、「強いダイエー、影の功労者」をお届けします。

お楽しみに下さい。


こちらのウェブサイトは、スカイクエストコムが登録メンバーに提供するサイトです。
ご覧頂けたらハッピーです。

http://fm7.biz/1vbg


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif

スポンサーサイト
【2007/04/01】  この記事のURL | 工藤公康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハマのおじさん、工藤公康、「故藤生将雄、強いダイエー、影の功労者」 | メイン | ハマのおじさん、工藤公康、「現実を直視」恩人に教わる。>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/90-af995549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。