FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブライアンのプロスペクティングと、リレーションシップ販売
今回は、ブライアンセミナーシリーズ、第18回目です。

セミナーも終盤に入っていますので、もう少しです。

いつも文章が長くなり、皆様にはお迷惑かけています。

ある程度話さないと、ブライアンのよさとテーマ毎の区別が出来ないので、ご免なさい。

いつも懲りずに最後まで読んで頂き、有難う御座います。


ブライアン・トレーシーは、潜在能力の開発をリードする専門家として、アメリカでは大変な著名人です。

ダイナミックでエンターテイメント性に溢れる講演で、観客を魅了して、ピークパフォーマンスや、ハイレベルな達成に導きます。


ブライアンの講演には、独自な視点とスタイルがあり、ユーモアと実用的なアイデアを盛り込んだ、テンポの速い話題で観客の注意を引いて離しません。


毎回、ブライアン・トレーシーの著書の一部を紹介しています。

カエルを食べてしまえ! カエルを食べてしまえ!
ブライアン トレーシー (2002/03)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る



このブライアン・トレーシーの販売の心理学セミナーは、スカイクエストコムeラーニングセミナーのシンガポールを会場とした沢山の聴衆の前で(5000人位?)約2時間30分位のビデオの中から一部を抜粋してお送りしています。


この魅力的なスカイクエストコムeラーニングセミナーを紹介するページがあります。

ご覧頂けたらハッピーです。⇒http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm

スカイクエストコムは、宝の山で一杯ですよ。



プロスペクティングとは、「この人は見込みがあるだろうか?」と、自問する事です。

プロスペクトへ電話する時は、「もしもし、私はABC社のブライアン・トレーシーと申します。」


「あなたのお役に立ちたいと思っております。」と、いいます。

プロスペクトが商品とサービスの利点や結果に興味を示す場合、それは、買う見込みのあるプロスペクとです。


見込みのない人達は、まず、値段を聞きます。「それはいくらですか?」、「How much is it?」「How much is it?」、「それはいくらですか?いくらですか?」、「でも商品がまだ知らないでしょう?」、*聴衆、笑う*

「It's too much」「それは高すぎですね」、「何の値段が高すぎですか?」、「それが何しろ、とにかく高すぎなんですよ!」 *聴衆、笑う*

こんな事を言われたらムカッとなり、「すみませんが、ちょっと近くに寄ってください」、

「何ですか?」(叩くまねをする)、、、、、、、、

相手を殴りたくなりますよね。


したがって、プロスペクティングは重要です。

ここで販売の黄金三角形について説明します。

この販売の黄金三角形とは、私が作った概念で、現在のセールスのカギです。


これは、三つのパートに分かれます。

さて、まず顧客、もしくはプロスペクトを中心に置きます。

これには三つのパートがあって、第一のパートは、私がリレーションシップ販売と呼ぶものです。



このリレーションシップ販売は、現在と未来の成功の鍵となるものです。

それは、セールス業界の頂点に立っている人達が得意としている事で、私は、彼らを人間関係の専門家と呼んでいます。


彼らは、質の高い人間関係を顧客の必要としている物を使って築きます。

これには二つのパートが有り、一つはプロスペクティングで、もうひとつは顧客と有効な関係を築くことです。

人は、あなたが相手を気遣っていると解らない限り、あなたの知っている事には、関心を示さないものです。

ビジネスであれ、個人的なものであれ、知り合った相手の関心は、あなたがその相手のことを大事に思っているかどうかなのです。


相手は、あなたの商品には関心がないのです。

あなたが、その相手のことを大事に思っているか、これに関心があるのです。


これは、どう示す事ができるでしょうか?

売る事が目的でなく、本当に相手のことを気遣っていると示すには、どうすればいいと思いますか?

皆さんに、幾つかの例をお話しましょう。


誰かと初めて会う時は、誰だって忙しいのですから、私は必ずこう言います。

「お忙しいところ、時間を割いて下さって、有難う御座います。」
そうすれば、会ってすぐセールストークを始める普通のセールスマンとは違うなと思われるはずです。


「お忙しいところ、時間を割いて下さって有難う御座います。」

この言葉に相手の動きが止まります、人は大抵、他人の時間など気にかけないものだからです。


顧客に電話する時は、まず、言うべき事は、                                           「私は、ブライアン・トレーシーと申します。今、お話してもよろしいでしょうか?二,三質問させて頂きたいのです、数分でいいのですがお時間よろしいでしょうか?」と、言うと、相手の動きが止まります。


あなたがプロであるとわかるからです。

これで上位10%位には入れます。

これは、上位10%の人達のやり方だからです。

上位10%の人達は、相手の時間を尊重します。


今回は、ここ迄です。

次回は、黄金の三角形の二つ目、コンサルティブ販売についてお話します。

お楽しみに。


この魅力的なスカイクエストコムeラーニングセミナーを紹介するページがあります。

ご覧頂けたらハッピーです。⇒http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm


このHPの中程の、スカイクエストから会員に支給されるホームページや、最後の参加する方法のスカイクエストを始めたい方はこちらへの項目をクリックすると(クリックしても参加する事にはなりませんので、安心してクリックしてください)


スカイクエストの会社の内容、ゲストスピーカーの名前とか、魅力的な報酬等が詳しく説明してあります。

スカイクエストは、本当に宝の山で一杯です。


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif



スポンサーサイト
【2006/11/21】  この記事のURL | ブライアン・トレーシー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<販売の黄金の三角形、コンサルティブ販売、ブライアン・トレーシー | メイン | セールスの最良な要素、ブライアン・トレーシー>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/56-cfb9c1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。