FC2ブログ
ブライアン・トレーシーのトップセールスマンだけが持っている資質
世界屈指のビジネスコンサルタント業務のオーソリティでもあり、潜在能力開発のトップクラスエキスパートであるブライアン・トレーシーをご紹介しております。


全米でトップ5に数えられる有能な講演家でもあり、ダイナミックでパワフルな講演は、受講家の想像力を刺激し、潜在能力を引き出す事で高く評価されています。


このブライアン・トレーシーの販売の心理学セミナーは、スカイクエストコムeラーニングセミナーのシンガポールを会場とした沢山の聴衆の前で(5000人位?)約2時間15分位のビデオの中から一部を抜粋してお送りしています。


この魅力的なスカイクエストコムeラーニングセミナーを紹介するページがあります。

ご覧頂けたらハッピーです。⇒http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm

このHPの中程の、スカイクエストから会員に支給されるホームページや、最後の参加する方法のスカイクエストを始めたい方はこちらへの項目をクリックすると(クリックしても参加する事にはなりませんので、安心してクリックしてください)

スカイクエストの会社の内容、ゲストスピーカーの名前とか、魅力的な報酬等が詳しく説明してあります。

スカイクエストは、本当に宝の山で一杯です。



今回、ブライアンシリ-ズ第8回目です。


35万人ものセールスマンを取材した調査チームは、その後数年間かけて追跡調査をしました。

高収入を得ているセールスマン達が、ある特定のパターンの考え方をするという傾向が明らかになりました。


それは、最低の収入を得ているセールスマンと違っており、しかもそのパターンには、一貫性が有りました。

トップクラスのセールスマンは、他のセールスマンよりはるかに高い資質を持っている事が判明しました。


あらゆる資質の中でも最も高い資質であり、成功を約束する資質です。

それは、他のどんな資質よりも、人生に於ける成功を保証をするものです。


想像できますか?

成功と幸福を予言できるような重要な資質は、何だと思いますか?

信念もまたいい資質ですが、それもその資質の一部です。


では、答えを申し上げましょう。

いいですか、それは楽観主義なのです。


彼らが発見したのは、成功した人達というのは、本当に高いレベルの楽観主義だと言うことです。

彼らは、本当に楽観主義です。

彼らは、いつも積極的です。



それは、彼らが問題を抱えた事がない言うことでしょうか?

とんでもない!彼らは普通の人達よりはるかに多く問題を抱えています。

それは、彼らがより多くの課題に取り組むからです。


調査チームは、また楽観主義者にはセールスに於いて、高い実績を上げているのに重要な二つの資質を備えている事を発見しました。


それが、彼らを成功に導いたのです。

その第一は、より多くの課題に取り組む事です。



その第一は、より多くの課題に取り組む事です。

彼らは、成功するだろうという非現実的な期待を抱いていますから、より多くの電話をかけます。


そうです。

彼らは、信念に基づいた行動を続けていれば、いづれは成功するだろうと信じていたのです。

ですから、より多くのことに取り組んできたのです。


第二の資質は、根気です。


彼らは非現実的な期待を抱いて根気良く努力し続けますから、いづれは成功するのです。


高収入を得ているセールスマンは、根気強く仕事をし、顧客を何年も何年も確保し続け、さらに、多くの販売実績を重ね、その顧客から別の顧客を紹介されたりします。


今回は、ここ迄です。

次回は、楽観主義者が持っている位置づけをお話します。

お楽しみに。


この魅力的なスカイクエストコムeラーニングセミナーを紹介するページがあります。

ご覧頂けたらハッピーです。⇒http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm
スカイクエストは本当に宝の山ですよ。


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif


ブライアン・トレーシーの著書をご紹介します。
カエルを食べてしまえ! カエルを食べてしまえ!
ブライアン トレーシー (2002/03)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2006/10/30】  この記事のURL | ブライアン・トレーシー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<楽観主義者が持っている位置づけ、ブライアン・トレーシー | メイン | 成功した人達から学ぶ、ブライアン・トレーシー>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/45-76387bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |