スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
三浦半島観音崎灯台~横須賀美術館、走水神社そぞろ歩き
三浦半島そぞろ歩き第2弾、
翌8月16日、観音崎灯台から走水神社までの真夏のウォーキング、よくやりますよね~。


いつものよう金沢文庫駅スタートAM11時、本日も天気真夏日でした。


30分ぐらいで終点の浦賀駅、この時間帯だと遅いのか人の流れがゆったりとしています。


浦賀駅ちょっとした高台にあり。


浦賀駅



観音崎の岬までは路線バスで約10分、スタートが遅いのでえらく空いてます。


観音崎案内板



終点のターミナルから、海水浴の行楽客やバーベキューをしている楽しい人達の間を抜けて、
ゆっくり歩いて15分位で観音崎灯台に到着します。


観音崎海辺



途中の無縁仏群です。


無縁仏



墓石群のそばに寂光土と名のついた説明書きが目につきました。


寂光土



急な坂道は鬱蒼と茂った木々に囲まれ、その道をエンエンと登ると目の前にポッコリ現れたのは、粋でスマートで灯台の貴婦人のような、観音崎灯台です。


観音崎燈台



展望台からの遠望、眺望です。


遠望



眺望




狭い灯台の中の螺旋階段の壁には、日本中の名のある灯台の写真で一杯です。

その中でもやっぱり観音崎は群を抜いて天下一品、最高の貴婦人です。

室戸岬灯台写真です。

室戸崎燈台




あの美空ひばりの歌で有名な塩屋崎灯台です。


塩屋崎燈台



見てください、やっぱし観音崎灯台は立派でした。


観音崎燈台2



帰り道、この観音崎にゆかりの深い、視覚の詩人といわれた西脇順三郎の石碑、”燈台に続く道”ゆっくりと御賞味あれ。

燈台に続く道


西脇順三郎



早速燈台を後にして、今年の春にオープンした横須賀美術館に向かいます。

歩いて10分、ちょうどすぐ近くのリゾートホテル、京急観音崎ホテルの真向かいに瀟洒な建物です。


横須賀美術館



予想以上に結構大きな美術館です。

ちょうど特別展として、イギリスの海に生きた素朴の画家として有名な”アルフレッド・ウォリス展が展示されて、初めてでしたが十分に閲覧しました。

船乗りとして前半生を海の上に暮らした後、60歳を過ぎてから描き始めた異色の画家です。


一見稚拙ながら生命力にあふれた作品の魅力を紹介していました。


ただし、自分としてはどの絵を見ても暗い彩色を多用していて、残念ながら次も見たいという気にはならなかったですね。

常設館として別館には、週刊新潮の表紙絵として有名な谷内六郎館があります。

ちょうど今は1958~1959の表紙絵を展示していました。

週刊新潮の素朴な表紙絵を知らない人はまずいないと思いますが、チャンスが有ったら一度必見に値します。


その青木繁三郎とか結構有名画人や、横須賀や観音崎のように海のゆかりに深い人達の絵が多いです。

お腹が空いたので時間を見たら2時40分、1時頃入館したのでもう十分、昼飯を食う為走水神社へと向かいます。

美術館より、バス停2個分先歩きます、意外と近いです。


走水神社の鳥居です。

走水神社鳥居



横須賀風物詩百選には次のような事が書かれていました。

走水の地名はすでに古事記(712年)や日本書紀(720年)のなかに現れています。

走水神社の祭神は、日本武尊とその后、弟橘媛の命の2柱です。


走水百選



入り口に水琴窟あり。
今時、めったに見れない代物です。

水琴窟



竹筒に耳を血被けると、かなりオクターブの高いキン、コン、キーンと甲高い音色がなんとも爽やかさが、このこの糞暑い暑気醒ましにピッタリでした。

皆さん、走水神社の名水、ご存知ですか?

元をただせば富士山の伏流水を源として、関東近県にも名を轟く名水として知られています。

走水名水場



この名水と一緒に美味しい美味しいおにぎりをを頂き、上の祠で参拝しました。

昨年の8月16日に我々は、今回と逆のコースで走水神社に来ました。




ちょうど三浦半島そぞろ歩きの中のバックナンバーに詳しく走水神社の由来とか写真を沢山つけていますので、一度バックナンバーからご覧下さいませ。

近くの京急の馬堀海岸駅までは、ここから路線バスで10分位です。

今回も、5時には金沢文庫の我がオフィスに戻れ、近くて楽しい見るところ沢山の三浦半島そぞろ歩き、また挑戦したいと思います。

ご期待下さい。

また御機嫌よう。



あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif




スポンサーサイト
【2007/09/02】  この記事のURL | 三浦半島そぞろ歩き | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 三浦半島そぞろ歩き、ソレイユの丘>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/108-82d7dffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

これだけ画像が大きく見れると とても見やすいですね♪
ブログに載っている画像は小さすぎて見難いものが多いので、とても参考になりました。
応援ポチッ
【2008/06/23 21:32】| URL | nazono #-[ 編集] |  ▲ top

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/09/11 02:06】| | #[ 編集] |  ▲ top

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/22 17:58】| | #[ 編集] |  ▲ top

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/01/30 19:08】| | #[ 編集] |  ▲ top

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/07/13 20:11】| | #[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。