スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
岳友への鎮魂から絵に没頭、山には青春のにおいがある
1960年代に本格的な登山ブームがやってきた。


スキーや登山用品のエバニューという会社は、有望市場としてトップクライマーの芳野さんや、人気スキーヤーの三浦雄一郎さんを講師に迎え「山としキー映画の夕べ」を全国展開をした。


ちょうど1964年この頃、高校生だった自分は三浦雄一郎氏の講演を聞きに行った事を思い出しました。

三浦雄一郎さんは、その頃今のように有名ではなく、あるスピードスキー世界大会で170km位か、すごい記録出して知る人ぞ知る、世界の人でした。

非常に懐かしいですね。


「五文足のアルピニスト」と言われる、新田次郎の小説「栄光の岸壁」のモデルとなった芳野満彦氏のコラム第5弾、最終回です。



日経新聞3月16日の夕刊、ひとスクランブル、「人間発見」のコラムです。


芳野満彦氏 山岳画展 ギャラリーです。
非常に綺麗なパステル画です。
是非ご覧下さい。

http://www.gallery-eizo.gr.jp/artists/yoshino/index.html


1968年から72年にかけて、新田仁郎の小説「栄光の岸壁」が雑誌「山と渓谷」に連載された時期でもあります。



日経新聞3月16日の夕刊、ひとスクランブル、「人間発見」のコラムの紹介です。


芳野5-1



芳野5-2



芳野5-3



芳野5-4



芳野5-5




第一線を退いた吉野さんは、アフリカ(キリマンジャロに7回登攀)やヒマラヤのトレッキングガイドを勤める傍ら、詩と絵の世界に没頭していきます。

絵には山で逝った友への鎮魂の思いがこめられていた。


芳野満彦氏 山岳画展 ギャラリーです。
非常に綺麗なパステル画です。
是非ご覧下さい。

http://www.gallery-eizo.gr.jp/artists/yoshino/index.html



「ホットタウン」1997年7月号に、このような記事が載っていました。


芳野さんは山の絵も有名です。


「絵が好きで、芸大を目指しました。不合格でしたが、今も絵筆を握り、山岳雑誌『岳人』の表紙絵を描いています。

展覧会も地元や東京で開催、5月も六本木のギャラリー東京映像で開きました。

絵は山で見つけたものです。

仲間には星、花の研究家になったものもいます。

山に何かがあるということは、こうしたことです」


これからの夢は、外国の山の見えるところで暮らす事。


「今はネパールのカトマンズで小さな家を仮、一年のうち、4ヶ月暮らしています。

生活費が安いのも魅力です。

日本の山とスケールの違うヒマラヤなどは、見るだけでもいいですね」


登山への注意は。


「無理しない事。
山は決して逃げません。
また、山登りを楽しむのも大切。
準備で資料を読んでワクワクしたり、帰って来て写真屋絵の整理したりと、一生楽しめます。」


吉野さんならでの良い言葉ですね~。


重度の障害を持ちながら雪と岸壁に青春を燃やし、世界に踏み出したその生き方は、次の世代に引き継がれ、

植村 直己(エベレスト日本人初登頂、マッキンレー冬期単独初登頂語消息を絶つ)



長谷川 恒男(史上初のアルプス三大北壁冬期単独完登、ウルタル2峰登攀中ナダレに巻き込まれ遭難死)

加藤 保男(第2次RCC同人、冬期エベレスト世界初登頂語遭難死)

今井 通子(女性初のアルプス三大北壁完登)


田部井 淳子(女子登攀クラブ、女性として初のエベレスト登頂者)さんらが世界に羽ばたいていった。


青春譜『山靴の音」は長く読み継がれる。

現在は、「新編 山靴の音」の文庫本が発行されているので読みやすいです。


今回、新聞で偶然芳野満彦氏の記事を見つけ、四十数年ぶりに昔の恋人を見つけたような感覚でした。

それから堰を切ったように、昔の山の本を物置の中から探し出しては読む毎日でした。

おかげでブログの更新もさっぱりせず、仕事もそっちのけで山の本を貪り読む始末でした。

一辺で昔の青春の山に行ってた日々が、竜巻のようによみがえって来ました。

自分も体は昔のように動きませんが、近くの丘や野にハイキングに行ったりはしています。


話に聞くと、吉野さんも8年前に脳梗塞を患ったり、腫瘍の手術もされたと聞いていますが、

しかし、僅かな痕跡を残す程度で、水戸の住まいと東京を一人で往復するなど、障害を乗り越えた闘志は今でも健在です。

画人としても、無為自然の山頭火の境地を行くが如しです。


芳野満彦氏、永遠に栄光あれ。


最後に、吉野さんの言葉、
山には青春のにおいがある。

次回も面白い記事を探してきて発表しますので、ご期待乞う!

楽しみにして下さい。



あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif

スポンサーサイト
【2007/06/01】  この記事のURL | 山岳画家芳野満彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<矢沢永吉、不器用だから止まらない | メイン | マッターホルン攻略、妻に「われ北壁成功せり」 組んだ仲間、翌週墜死>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamatre.blog73.fc2.com/tb.php/100-cc305a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。