スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハマのおじさん、工藤公康、「故藤生将雄、強いダイエー、影の功労者」
工藤公康、野球を知っている方で名前を知らない方はいないでしょう。

今年で43歳、球界最年長ながら気持ちも新たに、横浜で、”ハマのおじさん”として一からスタートする中高年の鏡です。

今回も引き続き、日経新聞3月22日夕刊、こころの玉手箱第4弾最終回、「故藤井将雄投手、強いダイエー、影の功労者」、をご紹介します。


4月1日の初登板、打たれましたね~、メッタ打たれました、期待していたのに残念です。
次回の活躍を期待します、必ずやってくれるでしょう。


ダイエーの1999年の日本一の影の功労者は、藤井将雄だった。

この年、藤井はセットアッパーとしてフル回転の活躍をして、優勝の原動力になった。

このような書き出しから始まる今回のコラムは、工藤の藤井将雄に対する思い入れを強く感じます。

当初、常勝西武から弱小ダイエーに移籍した工藤は、自分の真意を若い選手に伝える事が難しくて、中々馴染めず、チームの中で浮いた存在になっていた。

その様な工藤を藤井は、若い選手の中の間に入って、チームの風通しをよくし、戦える軍団にしてくれたのだ。

優勝パレードの次の日、藤井のがんが見つかったのだ。

翌年、巨人にFA移籍した工藤は、古巣ダイエーと日本シリーズを闘う直前に藤井の訃報を知り、その時の自分の精神的に大きく揺れ動いた状況を切々と語っています。


その時の工藤の気持ちを、ウィキペディア(ネット百科事典)に次のような言葉で語られていました。

巨人移籍後、ダイエー時代の同僚であり公私共に親交が深かった藤井将雄が亡くなったが、シーズン中にも拘らずスーツ姿で争議に参列。

ダイエーのユニホームを着た選手と共に棺を担いだ。

当時藤井の本当の病状については、関係者でもごく一部にしか知らされておらず、工藤は後「本当の病状を知っていたらFA移籍はなかったかもしれない」と語っている。

新聞記事は、スキャナーでは容量がでかすぎなので、デジカメでアップしながら取りました。

見にくいですが拡大しながら見てやって下さい。

工藤公康no13



工藤公康no14



工藤公康no15



工藤公康no16



最後の言葉、、

ダイエーが強くなったのは、藤井がいたからと皆が分かっている。

あいつが野球を出来ない分まで僕が頑張る、と手を合わせたときに誓った。

その気持ちを持って1年でも長くやっていこうと思う。

いいですね~。

工藤公康、これからも皆で応援するから頑張っていこうね。

工藤公康のプライベートのお話を、少しご紹介します。

工藤の大ファンであった現夫人を工藤に紹介したのは、西武の同僚であった清原和弘である。
工藤夫妻にとって清原こそ「愛のキューピット」であった。

球界では有名な子沢山投手である(2男3女)。

FA宣言による巨人入団の際、長島茂雄が工藤の自宅へ挨拶に訪問した際、工藤の子供が「セコムのおじちゃん」と言った。


直球勝負・工藤公康ひとり言ブログ 結構面白いですよ。

http://www.tokyoheadline.com/blog/kudo/
見てやって下さいね。

次回も、もっと内容の濃いブログをご紹介しますので楽しみに待っててください。
お楽しみ。

こちらのウェブサイトは、スカイクエストコムが登録メンバーに提供するサイトです。
ご覧頂けたらハッピーです。


http://fm7.biz/1xrk


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif



スポンサーサイト
【2007/04/03】  この記事のURL | 工藤公康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハマのおじさん、工藤公康。「極度の緊張、マウンドで震える」
工藤公康、野球を知っている方で名前を知らない方はいないでしょう。

今年で43歳、球界最年長ながら気持ちも新たに、横浜で、”ハマのおじさん”として一からスタートする中高年の鏡です。

今回も引き続き、日経新聞3月21日夕刊、こころの玉手箱第3弾、「極度の緊張、マウンドで震える」、をご紹介します。


今シーズンから横浜ベイスターズ、ハマのおじさんとして移籍した事により巨人から勝利が可能になり、巨人から勝利投手になると史上初の、合併前の近鉄を含め13球団全ての球団から勝ち投手になる事になります。

さすが優勝請負人、期待してますよ。


あの200勝投手工藤公康ことハマのおじさんが、これまでの野球人生の中で、緊張の余りマウンドで震えたことが2回あるそうです。

最初は西武時代の1986年日本シリーズタイ広島第八戦。

3敗1分けの後、3連勝して両者日本一に王手をかけた最終戦、リードして迎えた8回のマウンドの上がった瞬間、
足が震えた。喉も渇きつばも飲み込めない、、、、、、


2回目は、記念すべき200勝目前の2004年8月17日ヤクルトスワローズ戦。

前の時と同じ8回、得点は4対2トリード、ここでひっくり返されたら今年はもう200勝は無理だろう、そう思うと凄い緊張感が襲ってきたのだ、、、、、、、、、

この続きは画面で見てくださいね。

新聞記事はスキャナーでは容量がでかいので、デジカメでアップして作っています。


工藤公康no9



工藤公康no10



工藤公康no11



工藤公康no12




このヤクルトスワローズ戦で2失点完投勝利、通産200勝を達成し、41歳3ヶ月での200勝は現在も史上最年長記録となリました。

そして何とこの試合では、自ら決勝ホームランを打っています。

41歳、23年目でのプロ入り初ホームランは、それぞれ史上最も遅い記録でもあります。

本人は、「パ・リーグで打席に立つ事がなかったのだから、(セ・リーグに移籍して〉5年目の初ホームラン」と語っています。


直球勝負・工藤公康ひとり言ブログ 結構面白いですよ。

http://www.tokyoheadline.com/blog/kudo/

見てやって下さいね。

次回は、彼のダイエー時代の同僚でもあり、公私共に進行の深かった、故藤井将雄投手、「強いダイエー、影の功労者」をお届けします。

お楽しみに下さい。


こちらのウェブサイトは、スカイクエストコムが登録メンバーに提供するサイトです。
ご覧頂けたらハッピーです。

http://fm7.biz/1vbg


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif

【2007/04/01】  この記事のURL | 工藤公康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハマのおじさん、工藤公康、「現実を直視」恩人に教わる。
工藤公康、野球を知っている方で名前を知らない方はいないでしょう。

今年で43歳、球界最年長ながら気持ちも新たに、横浜で、”ハマのおじさん”として一からスタートする中高年の鏡です。

引き続き今回は、日経新聞3月20日夕刊、こころの玉手箱第2弾、「現実を直視」恩人に教わるをご紹介します。


昨日プロ野球セリーグ開幕、横浜ー巨人戦、ハマのおじさん工藤投手出場期待していましたが、残念でした。

次回の先発を期待しましょう。


43歳の今迄、何度かの野球選手生命が危ぶまれる故障を経験しながら、そんな時支えてくれた福岡の整形外科医の名医、久恒病院の原正文先生の、余計な能書きを言わないで、いいか悪いか、ハッキリと言う話し方が大好きと言います。。


プロ入りの時にお世話なった一人の当時西武の管理部長だった根本睦夫さんのお話。

いいか、人様にはご馳走になるな。

最初は、「工藤さん」だけど、
次は、「工藤君」、「工藤」になり、
「オイ、コラッ出て来い」になる。

付き合い方に気をつけなさいと、釘を刺された。

とってもいい話ですね、とても爽やかです。



少し話の傾向は違いますが、現在の問題になっている希望枠に何か通じるものがあるんじゃないかと思いました。


新聞記事をスキャナーすると容量がでかく2メガバイトとなり、大きすぎてブログに載りません。


見えにくいですが、デジカメでアップして取りましたので、何とか見てやって下さい。


工藤公康no6



工藤公康no7



工藤公康no8



次回は、記念の200勝投手になった時のお話です。

極度の緊張で、マウンドで震えたそうです。

お楽しみにして下さい。


こちらのウェブサイトは、スカイクエストコムが登録メンバーに提供するサイトです。
ご覧頂けたらハッピーです。

http://fm7.biz/1vbg


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif




【2007/03/31】  この記事のURL | 工藤公康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハマのおじさん、工藤公康、プロのユニホーム。
工藤公康、野球を知っている方で名前を知らない方はいないでしょう。


今年で43歳、球界最年長ながら気持ちも新たに、横浜で、”ハマのおじさん”として一からスタートする中高年の鏡です。

今回、日経新聞夕刊で、3月19日~23日まで、心の玉手箱のコーナーに工藤公康のコラムが載りました。

読んでて何故か非常に心温まる、何ともいえない様な懐かしさと厳しさを感じました。

自分としては、ちょうど今から26~27年前の名古屋電気工、甲子園時代の工藤公康が、つい最近かのように思い出されます。

確か優勝は出来ませんでしたが、切れのいい落差の大きいカーブをポンポン投げる小気味よさが印象的でした。


今回は第一回目で、西武に入団した当時のプロの厳しさの洗礼や、広岡監督からプロとしてやっていけるかどうか色々なエピソードを紹介しています。

新聞記事は、スキャナーでスキャンすると容量が2~3メガバイトとでかくてブログに載りません。

よって、デジカメでアップしてつなぎ合わせたのでやや読みにくいですが、何とか読んでやって下さい。


工藤公康no1


”工藤公康”


工藤公康no3


工藤公康no4


工藤公康no5



これまで西武で八度、FA移籍したダイエー、巨人でも日本一を経験した,まれに見る優勝請負人のルーキー時代をお楽しみ下さい。

次回の第2回は、野球人生の中の恩人に教わるをお伝えします。


お楽しみに。


あなたのポチッとが!私を元気に人気blogランキングへ
banner2.gif




【2007/03/29】  この記事のURL | 工藤公康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。