スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロバート・キヨサキ氏の教え、河本隆行氏の気づき
河本隆行氏は皆様ご存知と思いますが、ロバートのセミナーの同時通訳者です。




河本氏の「ミリオネアの教え、僕の気づき」

面白くて、面白くて、たまりません。

一度手に取って読みましたら、きっと病み付きになりますよ。

ミリオネアの教え、僕の気づき ミリオネアの教え、僕の気づき
河本 隆行 (2005/09/29)
成甲書房
この商品の詳細を見る


ロバート・ザ・セールスマシーン(本の中の一節です。)



ロバートのセミナーのステージ状況を説明します。

まるで、テレビのカタログ、ショッピングのようで、高さが5メートルもある大きなスクリーンが左右に立ち並び、

スタージの中央には、今までロバートやロバートチームが製作したCDやテープ、オーディオ・プログラム、そして無数の書籍が

所狭しとセットアップされている。



その中で彼は、セミナーの参加者に魔法をかけるみたいにセールスをします。

セールスの途中に、例えば、前回話した河本氏が一番初めに読んだ金持ち父さんシリーズの二作目の本

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」を取り上げ、

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
ロバート キヨサキ (2001/06/27)
筑摩書房
この商品の詳細を見る



「この本を読んだ事がある人、手を挙げて下さい」と言いながら、彼は本を高々とセミナー受講者たちに掲げます。





「」それでは読んでいない人という方は手を挙げてください。





あれっ、まだけっこういますね。





この本は今話したコンセプトを理解するのにとても重要ですから是非読んでください。





売店で購入できます。売れきれるといけないので、次の休憩に時間で購入されるといいでしょう。





セミナー終了後サインして差し上げますよ。」





こんな感じ、調子でロバートはセミナー中、彼の商品をセールスしまくるのです。



「セールスとは物を売るだけの技術ではない。」と彼は付け加え、



「セールススキルな中でとても重要なスキルは、<自分にアイデアを売る>ことや、



<自分自身を相手に売り込む>ことだと、ロバートは説明します。





自分自身売り込む事は良くセールス業界ではいわれていることですが、ロバートは彼独特の話し方でコノコンセプトを説明しました。



奥さんのキムに話しかける。



ねえ、キム、僕は君に僕自身を売り込んだよね、そうだろ?」




「ええ、そうね、まったくその通りだね。」




訊かれた妻のキムは笑いながら考える。




僕は自分自身を売り込む為にまずリサーチした。




彼女はロマンチックなものしか好きなんだ。




特にろうそくの炎を眺めながら楽しむヂナーや、月明かりの下でビーチをゆっくり散歩する事が大好きだった。




僕はそれをオッファーしたんだ。




僕と一緒にいてくれたら、妻の大好きな事を叶えてあげるよって。




つまり、僕自身を売り込んだんだ、これがセールスさ。」


いゃー本当にたまりません。



これこそ、セールスの鬼、マーケッテングの天才と言うでしょうか。



もうひとつダメ押しの話です。



大富豪キヨサキと、天才画家ピカソ、以外の共通点とは(本の中の一節です。)




ロバートがセミナーと言う名を騙って、自分の商品のセールスばかりしている、ふざけるのもほどほどにして欲しい、

というを声を受講者から良く聞くことがあるが、この人たちは全く物事の本質がみえていない。



ロバートがセミナー受講者たちの前で実践しているのは、どうすれば物を売ることができるのか、

どうすれば収入を上げることが出来るのか、を実際に実践して見せてくれるのである。



つまり、<これがセールスのスキル>もっとも重要なのであるを実践しているのです。




二人の有名な画家、ゴッホとピカソのストーリーを引用し、



ゴッホは「ひまわり」等で有名な画家では有るが、困窮の末それも30代後半で自殺で人生を終えている。

数ある作品の中で彼の生きている間に売れた作品は、たった2作品、

ゴッホのほとんどの作品が死後に売れているという事実です。



ゴッホとは反対にピカソは、ゴッホのように自殺などせず、なんと80歳を過ぎても創作活動を続け、女性との愛に縁の無かったゴッホとは対照的に、ピカソは数多くの女性を愛し、愛され(マジです。数えきれません。)

ピカソの数多くの作品は生きている間にほとんど売れたと言う事実。



この違いは何でしょうか?(河本氏の卓見です。)



ゴッホの自画像からみても、非常に暗い表情で、その暗い顔で絵を売ろうとしたので、ますます売れなくなり、

ますます暗い顔が暗くなったと予測してます。



かたやピカソは精悍で人懐こい顔をしている。

ピァソの絵の売り方は定期的に自宅でパーティを催し、毎回著名な政財界のゲストを大勢招いていて、そこで彼は新しい

描ききった作品を展示し、ゲストにお披露目し、絵は毎回のよう高額の値で瞬く間にほとんど売れきれた事。



そうです。



ロバートのセールスのスキルと、ピカソは同じ事をしていた。




ピカソもロバートも同じく




コミュニケーションとセールスの達人ということでした。




河本氏はこれからのことで気づいたそうで、



商品は素晴らしいだけでは不十分




自分の収入を上げるには確かなセールススキルが必要




自分自身をアイデアと自分自身を売り込む




そして自分の商品を売る事が出来る





河本氏は我々と同じくスカイクエストコムの会員でも有ります。

夢と魅力のあるスカイクエストコムに参加して、一緒に実践しようでは有りませんか。

私のHPから参加出来ます。http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm

次回をお楽しみに(この本、滅茶苦茶面白いですよ。)
スポンサーサイト
【2006/08/04】  この記事のURL | ロバート・キヨサキ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ロバート・キヨサキ氏と「ミリオネアの教え僕の気づき」の河本隆行氏の奇跡的出会い
前々回より河本隆行氏を紹介していましたが、かれの著書「ミリオネアの教え、僕の気づき」が余りにも面白いので紹介します。



この本を読んで再びスカイクエストコムのセミナーを聴くと、セミナーの舞台裏の話等が非常に愉快で面白く、

セミナーを更に深く理解出来ました。


ミリオネアの教え、僕の気づき ミリオネアの教え、僕の気づき
河本 隆行 (2005/09/29)
成甲書房
この商品の詳細を見る



河本氏の紹介です。



皆様ご存知のロバート・キヨサキ氏のセミナーの同時通訳者です。

当然ながら初めから同時通訳者ではなかったでした。

出会いが凄いです。



彼はロバートの一読者で何故か二番目の「金持ち父さんのキャシュフロー・クワドランド」から読んで、

早速ハワイ、ホノルルのロバートのセミナーに個人でに参加する。

金持ち父さん貧乏父さん 金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ (2000/11/09)
筑摩書房
この商品の詳細を見る


金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
ロバート キヨサキ (2001/06/27)
筑摩書房
この商品の詳細を見る

そこで劇的な奇跡的な出会いが有りました。

250人全席自由席なので、彼は一番前の席を取る為(彼はいつもセミナーを受講する時、必ず一番前の席を取る習慣あり、

その席を億万長者の席と呼んでいました。)



彼はセミナー開始の二時間前に会場に入り、見事億万長者の席をゲットし、そこで偶然に億万長者の席で、ロバートの弟、

ジョン・キヨサキファミリーと出会いすぐ意気投合し親密となる。

河本氏はセミナーに入る前から、どうやってロバート・キヨサキ氏と話しようか、ばっかり考えていたそうです。



弟のジョンのヒキで、すぐその場でロバートと彼の妻であるキムを紹介される。

凄いラッキーですね。まさに信念でした。



本の中での一節、そこでの会話、

ジョンとロバートの兄弟は、しばらく世間話をしていたが、急に思い出したようにジョンがこう切り出した。



「そうだ兄貴、兄貴たちはもうちょっとしたら日本へ行くんだったよね。

テリヤキ(隆之氏のニックネーム)を起用してみたらどうかな?」




「ああ、それはいいアイデアだね。まったく問題ないよ」とロバート。




「そうね、彼は行動もあるし、エネルギッシュだし、英語能力も素晴らしいし、是非一緒にやりましょうよ。」

あなた、日本に来られる?」とキムが河本氏に訊きました。




「もちろんです、喜んで」




河本氏、嘘だろ!?なんでこんなに簡単に話が進むものなのか?




イャーーイャーー 凄いですね。 ラッキーですね。 凄いワンダフルですね。




キムが思い出したように、

「」セミナーのマネージメントは自分たちじゃないので勝手に話を進められないの。」




ロバートが「彼に連絡先を書いて上げなさい。」とキムに促すと、

白いインデックス・カードには連絡先がこう書いて有りました。




Richard Tan ermail : richard@xxx.net . tel : xx-xxxx-xxxx




リチャード・タン、何と、この方は忘れもしない我等スカイクエストコム社の CEOです。



もともとサクセスリソーシーズというアジアで一番大きいセミナー会社を、1993年設立し大成功しています。

それから、タン氏は、一回で5000人~6000人のセミナーよりもっと沢山の人々にセミナーを聴いて欲しいという

思いが強くなり、1999年にeラーニングによる教育プランのスカイクエストコムを設立する。




スカイクエストコムのセミナーは世界のトップクラスの成功者や、ミネオネアの素晴らしいスピーチを

24時間リアルタイムで何度でも聴くことが出来ます。




話を元に戻します。

リチャード・タン氏はロバート・キヨサキ氏は昔からの親友でした。




さらに河本氏は、ロバートのおかげで、アンソニー・ロビンスの同時通訳や、

アラン・ピースのコーデネーターなどを任せられるようになりました。




何とも凄い出会いですね。

非常にドラスチックで運命さえも感じられます。




この出会いで河本氏もスカイクエストコムにメンバーとして参加しeラーニングで沢山のセミナーを聴いているそうです。




たった一人との出会い、たった一回の挨拶、たった一度笑顔から、

河本氏は自分の人生が変わったと言っています。




次回はロバートと河本氏の掛け合いなどをお話します。




素晴らしいeラーニングと魅力ある報酬を約束するスカイクエストコムに参加しようでは有りませんか。

私のHPから参加出来ます。(報酬等をよく見てください。)





http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm

【2006/08/01】  この記事のURL | ロバート・キヨサキ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金持ち父さん、ロバート・キヨサキ氏第4弾
初めに、このブログはスカイクエストコムと言う会社をよく理解して頂いて、最後に私のHPよりスカイクエストコム紹介ページをご覧頂き、このHPから直接参加いただく事を目的としています。


そして、スカイクエストコム社が持っている eラーニングシステム というネット上でありとあらゆる分野のセミナーが200以上見られ、また勉強できるというシステムの一部をブログにてご紹介しています。


またHPの中では、ネットワークビジネスにも参加でき、かなり高い報酬もスカイクエストコムより提示されています。


その様な訳で、忘れないで私のHP http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm  見てくださいね。宜しく



さて前回の続きロバートのセミナーのお話です。


約一時間強のセミナーの中で一番圧巻なのは、後半でロバート自身が2回破産した事実を熱く語っているところです。


1979年に全て失い一年間つらい思いをしました。そして83年に再び行動を開始し、84年にまた破産したのです。


彼は転んで、転んで、一杯間違いした中から沢山の大事な事を学ぶ事が出来たと言ってます。


彼はその状況を生々しく語っていました。


破産した時彼は面目を失い、ハワイから離れ、カリフィルニアに流れ着いてからは妻と二人で、
茶色のオンボロのトヨタセリカで走り回り、1984年にはホームレスになりました。


冬は車の中でも夜は寒く、震えながら二人で夜を過ごした事。


ついにクレジットの限度額がオーバーし、とてもじゃないが自分では行けないので、妻のキムに行ってもらい、レジの人がカードをチェックしなかったお陰で食い物にありついた事。


カリフォルニアのデルマーの6ペンスモーテルの中で、寒さと仕事の失敗で放心状態で有った事。

そして二人で抱き合って泣いた事。


現在、これだけビックになってもこれらの事は、今でも思いだすと言ってました。


このような状況の中、昔学校で覚えたシェークスピアの一遍の詩を思い出したそうです。


なりたい人間になる、、、、、なりたい人間になる、、、、、、

(すみません、英語のスペルが良く解りませんでした。)


そして金持ちになりたいという意思、、、、、、、、、、、、、


ベットに座り妻と泣きながら浮かんだ詩で、この悲惨な状況から抜け出せるかどうかは

自分の意思次第である。


ロバートは最後のステージで特に大きな声と少しの間を保って、


意思はみえないが強く持てば、、、、、、、、、目的は何でもかなう。


最後に意思が湧き上がり支配した時、、、、、、、、、、、、、、、、、


神はそれに従うだろう。、、、、、、、


Thank you,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,セミナー終了!!!満場の大拍手!



見事な演出、そしてパホーマンス、人を魅了させ、感動させる。

割れんばかりの大拍手でした。


前回「ミリオネラの教え、僕の気づき」の著者河本隆之氏のことば。


彼はセールスとマーケティングのエキスパート、天才でも有る。



また、彼は画家ピカソとロバートの二人の共通点を指摘し、

二人とも同じコミュニケーションとセールスの達人だったと言ってます。


次回はも少し詳しくお話したいと思っています。 お楽しみに。


私のHPからスカイクエストコム参加し,楽しんで大いに稼いで下さい

http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm
【2006/07/27】  この記事のURL | ロバート・キヨサキ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
金持ち父さん、ロバート・キヨサキ氏第3弾
前回お話した 「金持ち父さんは実在しなかった」 の著書河本隆行氏の 「ミリオネラの教え、僕の気づき」本日手に入り早速読み始めました。

何と何と非常に面白く、いつのまにか無我夢中で本の中に入ってしまいました。


金持ち父さんも、貧乏父さんも実在しないって!!


彼はハワイでロバートのセミナーを聴講するに、最前席を取るため朝一番乗りで初めて参加した時です。

奇跡的な出会いがありました。


最前席で偶然にもロバートの弟のジョン・ロバートとその家族と隣り合わせになり、昼過ぎのブレークタイムまでに家族のよう親しくなり、そのままジョンの引きでロバートを紹介され、とんとん拍子にロバートのセミナーの同時通訳依頼されると言う大幸運を掴むことになりました。


その時のジョンの話と、あとあとロバート自身から直接聞いた話でした。


彼の本の中の一節をご紹介します。


彼は 「騙された」 と言うよりも 「凄い」 と心から感動したと言ってます。

あんな緻密に構成された作り話で、経済的に豊かになる秘訣を解りやすく考える事が出来るロバートのスキルに感動したと。


よくこういう話をすると 「何言っているんだ!彼は読者を騙しているだけじゃないか。あんなに彼の話を信じていたのに、、、、、、、、」

なんて勝手に憤慨する人がいますが、それはお門違いです。


それから 「彼の不動産投資成功話はアメリカでやったことでしょ。 日本では通用しないよ」なんて言う人がいるが、これもお門違いです。


「こんなアイデア実現できるわけが無い」 ではなく 「こんな考え方もあるが、こんな考え方をしてもいいんだ。」 と考えるべきだと言っています。


ここが違う、あそこが間違っている、条件が違う、時代が違うとネガティブな部分に焦点をあてる人は斬新な発想は生まれない。


彼が本当にやったことは彼の本に書かれていることではなく、全世界で焼く2000万部の本を売ったという事実なのです。


よく言われている事ですが、彼は決して不動産の投資で豊かのなったのではない。

彼が裕福になれたのは、彼のセールスとマーケティング能力によるものなのです。


それを裏付ける証言がインターネットのいたるところに存在している。

そうです。彼は投資のエキスパートでは有りません。

彼はセールスとマ^ケティングのエキスパートなのです。


河本隆行氏、、、、凄いですね。 読んでて何か背筋がぞくぞくしてきました。

この話はまたまた長く続き、ロバートのセミナーの裏話も沢山盛り込まれて有り、是非皆さんに紹介したくお待ち下さい。

また、 河本氏はこの本で、

ロバート・キヨサキ (金持ち父さん、貧乏父さん)

アンソニー・ロビンズ (人生を変えた贈り物)

ジョン・クレイ (ベストパートナーになる為)

アラン&バーバラ・ピーズ (話を聞かない男、地図を読めない女)

ジョン・フォッピ (あなたの言い訳は何ですか)


5人のミリヲネラを紹介していますが、最初はロバートから紹介されたのがきっかけで、同時通訳したそうです

驚く無かれ、何と我がスカイクエストコムのセミナーの中に、5人全員ゲストスピーカーとしてノミネートされています。

是非スカイクエストに参加し楽しみ稼ごうでは有りませんか。
私のホームページから参加できますので宜しくお願いします。



次回第4弾お楽しみに

http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm



【2006/07/25】  この記事のURL | ロバート・キヨサキ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金持ち父さん、モバート・キヨサキ氏セミナー第2弾
先日、ロバート・キヨサキ氏のセミナーの内容の一部をブログでオープンしましたら、「金持ち父さんは実在しなかった」とブログの読者よりトラックバック有りました。

ご忠告大変有難く、早速その元になる本「ミネオラの教え僕の気づき」を読者のHPより購入中す。

何たって百万冊以上のベストセラーにもなったので、金持ち父さんの愛読者、ファンのブロガーは結構多いと思われ、
その時(そのHPは昨年10月頃)かなり反響があったかと思われます。

私自身もはなから疑っていませんでしたので、いささか吃驚しました。
本が届いたらじっくり読んでみたいと思います。


今回は、「スカイクエストコム」 セミナーのスピーカー紹介の一部なので、引き続きロバート・キヨサキ氏のセミナーを紹介させていただきます。

何たってボブ いや ロバートはいくらでも話が尽きなく、ネタ切れになる心配が全くありません。

ブログの題材としてはもってこいですね。これからもフルに使わせていただきます。

彼はセミナーの中でキャシュフローについて特に損益計算書、バランスシートを収入と支出、
資産と負債、と非常にシンプルに絵を書いて説明してます。

友人マイケルの中国人の父は、資産と負債の仕分けが的確でない為お金が貯まらないと、

資産と働なくてもあなたのポケットにお金を入れてくれるもので、負債とはポケットからお金を持っていくものである。

教育者であり日本人で有った実の父は、家や車を資産に入れていました。
逆にマイケルの中国人の父は、家や車を負債のリストにしているのです。

それでロバートはえらく混乱したそうです。

皮肉な事に銀行家に聞くと資産と答えるし、我々も経理処理上資産と処理していました。

中国人の父は「それが資産であれ負債であれ、決め手となるのはキャシュフローです。
もし、キャシュがあなたのポケットに入れば、それは資産です。

もし、キャシュがあなたのポケットから出て行けば、それは負債です。

だから家や車は負債なのだそうです。

冗談ですが、ロバートは自宅にキャシュフローの神棚を作って、毎日手を合わせて祈っているそうです。

彼はこんな質問をしていました。

子供はどちらの分類にされるでしょうか?

子供はとても大きな支出で有り、財産では有りません。信じてください、と迫力のある声で会場のみんなを爆笑に誘っていました。


さあ、皆さんはどう思われますか?

また次の続きをお楽しみ下さい。

私の拙いホームページも開いて下さいね。

このスカイクエストコムの教育プランを楽しみながら大いに稼ごうじゃありませんか。

http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm


【2006/07/22】  この記事のURL | ロバート・キヨサキ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お待ちどうさま 金持ち父さんのロバート・キヨサキ氏のお話です。
皆さんご存知の通り、ロバート・キヨサキは投資家であり、ビジネスマンであり、ベストセラー作家でもあります。


著書「金持ち父さん、貧乏父さん」では、中流家庭や貧しい人が教えてもらえないお金持ちのお金の関する教育について説明しています。


「多くの人が経済的に苦労している」のは、彼らが学校でお金について教えられなかったせいです。


結果、人々はお金を自分のために働かせる代わりに、お金のために働く事を学んだのです。


又彼は、 If you want to be rich and happy don't go toschool  (リッチで幸せになりたいなら学校へ行くな)と言う本を1990年に強烈なタイトルで出版しています。


お金について豊富な知識を兼ね備えたロバートが、スカイクエスチコムのセミナーで明快、率直に語っています。


ロバートが1979年と84年2回破産した事は皆さんも知るところで有ります。本人を声を大にして オープンしていますが、ハイスクールでも2回退学した事を話しています。


彼が17歳の頃、教師である彼の実の父(貧乏父さん)は、いい子でいて、一生懸命勉強していい成績を取りなさい。そしていい仕事を見つけいい会社で働きなさい。


友人のマイケルの父は(金持ち父さん)は、いい会社で働く必要はないんだよ。

いい会社を買って売る方法を見つけるために一生懸命勉強すればいいんだよ、と言う。


そのようなデリケートな状況の中で、先生がいつもロバートを脅かし 「もっと勉強に集中しなきゃ、

成績が悪いんだから」 と言うと、

すると彼は 「何の為に」 そうすると先生は 「そうするといい仕事につけるのよ」 と、

「いい仕事はいらないんだ、だって会社を買って売るんだから」 と彼は言い返す。 *笑*


そうすると先生は、「会社はあなたのような人は雇わないわよ」 と、

すかさず彼は、「それは買うにはいい会社ですね」 *笑*


先生は 「あなたのような人の下では働きたくないわ」 と言い返したので、

彼は 「大丈夫ですよ、先生のような人は雇いませんから」 と言いました。 *笑*これは2回目の退学になった時のお話です。


自分の特別なバックグランドを非常にユーモアをこめて真に迫力のあるスピーチを1時間強続きます。

次回もこのエキサイティングなロバートの余りあるスピーチを再び届けたいと思います。


楽しみにしてください。


私のホームページ、スカイクエストコム紹介ページも見てくださいね。


http://hamatre.web.fc2.com/toppage.htm






【2006/07/20】  この記事のURL | ロバート・キヨサキ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。